「心」や「精神」の問題についての正しい認識をもっていただくためページです。

提供:画家 片山治之先生
片山画伯の御好意で先生作成の作品カレンダーから転載いたします。

2020.07.01■コロナと共存か?

 コロナ感染がなかなか収束しない。まだ「第2波」のおそれもあるという。
インフルエンザは季節性があって、気候とともに減弱するが「コロナ」はそうではないようだ。長く共存することになるのだろうか?
 感染予防を行いながら、おとなしく過ごしていくしかない。その間にワクチンを開発して流行に対抗することになるのだろう。
 不安で不安定な環境が長く続くと、明るい気分になれない。しかしこんな時ほど「焦らず、淡々と過ごすという生活を体験する」という開き直りの心理で、
半ば「修養の時期」と思うのも良いだろう。


■今月の言葉

 
「国家の運営」
 
 最近は香港問題や北朝鮮の話題が伝えられることが多い。コロナ流行状態の中で、どの国も多難な状態となっているところに、国家の運営の問題が重なってきて、更に不安を強くしている。
 日本も景気対策で巨額の予算を組んでいる。これらは後世に負債を残すことであるから、これからの国家運営はさらに厳しくなる。
 一時的な「楽さ」を求めるだけではいけない。また「誰かに任せておけばいい」というのも良くない。節度をもって皆で一緒に困難に耐えるという「こころ」も重要だと思う。 

 

■医療と福祉の動向

 


■ゆったり居場所

▼ほほえみサロン
引きこもり当事者やご家族の方が集まり、お茶を飲んだり音楽でくつろぎながら一緒に過ごしませんか。
日 時: 毎月第3土曜日 10:00〜12:00
場 所: キセラ川西プラザ 福祉棟2階 共用会議室
主 催: ほっとほほえみ

▼心の居場所
心の病気を抱えている方や家族の方、ひとりで悩まないで気軽にお立ち寄りください。
時 間: 13:00〜15:30
場 所: キセラ川西プラザ 福祉棟2階 共用会議室
主 催: 「心」


Google
WWW を検索 kokoro-kw.com を検索

ご案内

認知症のための介護ガイド
 初めて介護が
     必要になったとき

 認知症に対する認識が変化し改訂第2版を発行しました。今回認知症の病態記述は他に譲り、介護者の投稿体験談を増補いたしました。


ご希望の方は【老人をかかえる家族の会 川西】メールをいただくか、または川西市社会福祉協議会(072-759-5200)へお問い合わせください。

出前講座

■ 川西市・猪名川町では、精神保健についての理解や啓発をすすめるため、市民の方々への講座を行っていますので、ご希望がありましたらお申し出ください。
【詳細はこちら】

ひとことアドバイス

© 2008 川西市医師会提供