「心」や「精神」の問題についての正しい認識をもっていただくためページです。

提供:画家 片山治之先生
片山画伯の御好意で先生作成の作品カレンダーから転載いたします。

2019.01.04■データのごまかし

 今年は日本の機械や製品の基準検査で数値の「ごまかし」が発覚して問題になった。消費者の信頼を裏切り、安全性が保障されなければ消費者の信頼を裏切るだけではなく、安全をも脅かし、大きな事故を引き起こす事態を生じる。  また、日本という国の信頼が崩れると、世界の国々との貿易にも支障をきたすことになる。許されることではない。  「これぐらいは、うるさく言うこともない」という気持ちの緩みが、いつか大きな大事件につながり、国民と国家の土台をも揺るがすのだ。  気を緩めないでしっかりやって行きたいものだ。


■今月の言葉

 
「カタカナの氾濫」
 
 先月、東京山の手線の新しい駅名が「高輪ゲートウェイ」に決まったという報道があって、賛否両論。これ以外にも多くのカタカナ語がつかわれている。主に英語だ。
 新しい「カタカナ語」が出てきて、日本語として定着するまでの時間には差があるようだ。定着しないものもある。
 舶来ものが好きという日本人の生活傾向もあるし、置き換える単語が見当たらないので「カタカナ」で済ませてしまうことが多いのだろう。
 言語学者達で国としての検討機関を作ってもらい、適宜「使いやすい単語」を選定・推薦してもらうのもいいのではないだろうか?

 

■医療と福祉の動向

 


■ゆったり居場所

▼ほほえみサロン
引きこもり当事者やご家族の方が集まり、お茶を飲んだり音楽でくつろぎながら一緒に過ごしませんか。
日 時: 毎月第3土曜日 10:00〜12:00
場 所: キセラ川西プラザ 福祉棟2階 共用会議室
主 催: ほっとほほえみ

▼心の居場所
心の病気を抱えている方や家族の方、ひとりで悩まないで気軽にお立ち寄りください。
時 間: 13:00〜15:30
場 所: キセラ川西プラザ 福祉棟2階 共用会議室
主 催: 「心」


Google
WWW を検索 kokoro-kw.com を検索

ご案内

認知症のための介護ガイド
 初めて介護が
     必要になったとき

 認知症に対する認識が変化し改訂第2版を発行しました。今回認知症の病態記述は他に譲り、介護者の投稿体験談を増補いたしました。


ご希望の方は【老人をかかえる家族の会 川西】メールをいただくか、または川西市社会福祉協議会(072-759-5200)へお問い合わせください。

出前講座

■ 川西市・猪名川町では、精神保健についての理解や啓発をすすめるため、市民の方々への講座を行っていますので、ご希望がありましたらお申し出ください。
【詳細はこちら】

ひとことアドバイス

© 2008 川西市医師会提供